海外に移住をお考えの方、仕事の関係で移住になってしまった方のための、海外移住最良地ガイドです。

移住のポイントや人気の移住地に関する情報をまとめています。

広告

スポンサードリンク

PR

このサイトをお気に入りに登録する♪ ⇒ 


アメリカで運転免許は絶対に必要

日本は交通機関がとても便利です

特に都心になると、電車やバス、タクシーなど、車に乗らなくても色々と交通手段はありますよね。しかも日本の交通機関は時間通りに来ます。そして電車などに乗らなくても徒歩などでも次の駅などにも行けます。最近では、交通機関に頼らず、自転車通勤したりする人も多いですよね。中には運転免許を持っていない人もいるのではないでしょうか。

便利な都心に住んでいると必要ないですし、最近ではガソリンも高騰しているので、自宅に車を持っていない若者も多くなってきましたよね。ですが、海外では、特に欧米では、運転免許自家用車は必要です。欧米は、車社会と言ってもいい位、自宅には車が1台以上あるのです。日本の様に交通機関が発達している訳ではありません。勿論、主要都市では、地下鉄なども走っていますが、田舎になるとやはり自動車が必要になってきます。

日本では、運転免許証を取得できるのは18歳以上になっており、運転免許を取得する為に数ヶ月間、教習所に通い、運転についての勉強をし、また運転の練習もした後、仮試験、そして本試験と言う流れになります。何より免許証を取るのに30万近くかかりますよね。

アメリカで、運転免許を取得する

日本の免許証を国際免許証に書き換えて

運転するのも可能ですが、これは一年しか有効期間がありません。また、アメリカでは運転免許証は日本と同じ、立派な身分証明書になっています。一年以上、海外に滞在するのであれば、現地の運転免許証を取得するのが良いでしょう。最初は国際免許で、アメリカ国内で運転をし、運転に慣れた頃に、現地の運転免許を取得するのも手だと思います。また、アメリカで現地の免許を取得するには、ソーシャルセキュリティナンバー、またはビザが必要になってきますが、これはその州毎に違うので、事前に確認をしましょう。

ですが、観光ビザではアメリカの免許は取得できないので注意して下さい。また、アメリカでは州毎に免許証が必要です。それは、州毎によって交通法が違うからです。ですが、一度アメリカの免許証を取得すれば、違う州に移動になったとしても、試験などは受けず書き換えだけで大丈夫な場合もあるので、他の州に移動したらその都度、確認致しましょう。

アメリカでは日本のような教習所は殆どありません

殆どの人がお家の車で

親御さんに隣に座ってもらい公道で運転の練習をします。 隣に座る人は18歳以上で運転免許証を持っている人となっています。日本の様に、教習所の先生が横に座っていて教えてくれる訳ではありません。教わるのはお家に人になってしまう為、お家の運転の癖と言うのが引き継がれてしまう場合もあります。ですが、18歳以下の人は数時間、その州のドライビングスクール(教習所)に通わなくてはなりません。

そう、アメリカは16歳から運転免許が取得できるのです。それ位、アメリカ人にとってはなくてはならない運転免許証なのです。また、日本同様、アメリカも筆記試験があります。筆記試験を受ける前にその州にあるDMV(Department of Motor Vehicle)と言う所で、ハンドブックをもらい勉強をします。

最近ではオンラインでも勉強が出来ます

勉強も各自で行わなければなりません。ハンドブックを一通り読み、理解すれば筆記試験のテストは大丈夫だと思います。また、アメリカの主要都市では、日本語で筆記試験を受けられる場合もあります。ですが、アメリカで運転するのであれば、出来るだけ英語で試験勉強をし、英語で試験を受けるのが一番良いでしょう。筆記試験も選択問題なので、それほど、難しくはありません。自分の中で、運転の試験も筆記試験の準備が出来たらDMVに行って試験を受けます。最初に筆記試験を受けます。

筆記試験の合否はすぐその場で分かります。筆記試験に受かった後、運転の試験に入ります。筆記試験に落ちた場合は、再度、日を改めて筆記試験を行います。ここで運転試験に使うのは、自分の車だと言う事です。勿論、持っていなければ、友人に借りたり親に借りたりします。また持ち込む車にはちゃんと保険が、かけられているか確認しましょう。

試験運転の時に

事故など起こしてしまって保険が入ってないとなったら、大変な事になります。 そして、ブレーキや、ライトなどがちゃんと付くかも事前に確認しましょう。さて、運転の試験ですが、DMVの周り数十分運転するだけです。勿論、その中に右折や左折、縦列駐車などの試験項目も入っていますが、 隣に座る試験官によって試験内容も少し異なってきます。この運転の試験に受かったら仮免許証を発行してもらいます。運転免許証は後日、自宅に届きます。運転免許証が自宅に届くまでは、仮免許証は常に持ち歩いておきましょう。

また、運転免許証を取得する際のお金も日本の様に何十万も、かかりません。州毎に違いますが50ドル前後です。簡単に取れる免許証ですが、それがお国柄、車が必要な為、仕方ない事なのです。

アメリカ暮らしについて

アメリカのお家事情

アメリカの台所は使いやすい?
日本のトイレはなんて清潔なの!と思う
お風呂に入る習慣がないアメリカでは…

生活に必要な知識

プーケットへの移住

プーケットでの生活

移住した後、現地で就職できるか?
女性が現地で妊娠・出産する場合
移住するために必要なビザについて

ドイツへの移住

ドイツでの生活

ドイツへ移住した後で、就職するには?
住まいを見つけるための住宅情報
ドイツの食べ物は日本人に合うか?