海外に移住をお考えの方、仕事の関係で移住になってしまった方のための、海外移住最良地ガイドです。

移住のポイントや人気の移住地に関する情報をまとめています。

広告

スポンサードリンク

PR

このサイトをお気に入りに登録する♪ ⇒ 


アメリカのトイレ

人間は一日何回トイレに行くでしょう

お家に居ても外出先でもトイレには必ず行きますよね。また突然の腹痛に襲われたり、人間のお腹というのは本当に予定が立てられませんよね。日本のトイレはとても綺麗で清潔感があるのをご存知ですか。デパートのトイレなどはお掃除の人がいるので、いつ行っても綺麗だし勿論、駅のトイレや公園のトイレもそれなりに綺麗ですよね。

ですが、アメリカのトイレは日本のトイレと比べて少し違う所があります。アメリカに来て思う事は「日本のトイレがいかに綺麗で便利だったか」と言う事です。日本にいるとついつい当たり前の事が海外にいるとそれが素晴らしい事だと気づく事も多いです。トイレもその一つです。

アメリカのトイレはドアの下が開いています

最初入る時、抵抗があると思います。だって外で待っている人から中で用を足している人のスネから下が丸見えなのですから、30センチ?50センチは空いています。勿論、かがめば中は丸見えです。また、ドアの隙間がある事です。これは中から外で待っている人が見えます。勿論、外で待っている人も角度によっては中で用を足している人が確認できるのです。同性とはいえ恥ずかしいですよね。ですが、誰も他人の用を足している姿を好きで見る人はいませんので安心して下さい。

ですが、何故隙間や下が開いているのかというのにはちゃんとした理由があります。アメリカはトイレでのレイプや犯罪、また薬物を使っていたりと、日本では考えられない事件がトイレでおこっているのです。犯罪を未然に防ぐ為に隙間があるのです。

最初はこの隙間もドアの下が開いている事も

安全面の事を考えての事です

そして、ドアの鍵がちゃんと閉まらなかったり壊れている事も多いです。また、前に使った人がちゃんと流さずにそのままという場合もあります。日本では、公園のトイレなどでこのような事が多いですが、アメリカでは多々ある事です。トイレの便器も濡れていたり、トイレットペーパーも床に落ちていたりと日本と比べて清潔感は全くありません。本当に掃除をしているのかと疑問に思う事もありますが、アメリカのトイレも掃除をする人がいて、それなりに掃除をしています。ただ、使用する人に美意識が欠けているのかもしれません。汚くしても良いだろうとかトイレットペーパーが散乱していても拾わないなど。

アメリカにはウォシュレットはない

どこのトイレにもウォシュレットはありません

勿論、家庭にも普及はしていません。このウォシュレットがないが為に、アメリカで出産した日本人女性は産後、ウォシュレットがあれば楽なのにと思う人も多いです。また、中にはトイレが狭い事もあります。大きなアメリカ人が果たして入れるのかと疑問に思うトイレの狭さです。ドアも内側に開くため身動きがあまり取れません。ですが、反対に広いトイレもあります。これは、障害者用や赤ちゃん連れ用のトイレです。車椅子でもトイレに入れる広さになっています。

ですが、アメリカのトイレでも良い点はあります。それは、殆ど、赤ちゃんのおむつを変える台が備え付けられていると言う事です。 日本ではデパートの子供売り場の階であれば、赤ちゃんのおむつを変える台などが設置されていたりしますが、駅や公園のトイレには赤ちゃんのおむつを変える台が設置されているトイレが少ないのが現状です。

ですが、アメリカはレストランや空港

またデパートなどいたるトイレにこの台が設置されています。そのせいか、多くの赤ちゃん連れのお母さんが外出をしています。そして殆どのトイレに石けんとペーパータオルが置いています。石けんは用を足した後、手を洗う時に使います、またペーパータオルは手を拭くものです。日本では風を当てて手を乾かす事が多いですが、アメリカでは、殆どペーパータオルで拭きます。何よりハンカチやタオルを持って拭く人は殆どいません。これも習慣の違いですね。

そして手を洗う蛇口も殆どが自動となっています。また、デパートなどのトイレに入って用を足す時、その音が他の人に聞こえないように水を流したり、また備え付けのエチケットの音を流す場合がありますよね。ですが、アメリカではそんな事はしません。と言うより、他人の用を足す音を聞いても不快感などはないようです。そして女性なら、トイレでお化粧を直したりしますが、アメリカのトイレはそんな便利な場所はありません。デパートなどにたまに、洗面台とは別に、お化粧直しの場所がありますが、日本のようなものではありません。

日本では終わったらドアを閉めますが

アメリカでは使用したらドアは開けておきます

ドアが閉まっていると中に人がいると思ってしまうからです。ですので、自宅のトイレでも、使用し終わったらドアは開けておきましょう。ですが、アメリカのトイレのドアは下の部分が開いているので入っているか入っていないか一目瞭然ですが、これはアメリカのトイレを使う暗黙のルールなので覚えておきましょう。 アメリカのトイレは本当に用を足すだけのトイレです。

アメリカ暮らしについて

アメリカのお家事情

アメリカの台所は使いやすい?
日本のトイレはなんて清潔なの!と思う
お風呂に入る習慣がないアメリカでは…

生活に必要な知識

プーケットへの移住

プーケットでの生活

移住した後、現地で就職できるか?
女性が現地で妊娠・出産する場合
移住するために必要なビザについて

ドイツへの移住

ドイツでの生活

ドイツへ移住した後で、就職するには?
住まいを見つけるための住宅情報
ドイツの食べ物は日本人に合うか?