海外に移住をお考えの方、仕事の関係で移住になってしまった方のための、海外移住最良地ガイドです。

移住のポイントや人気の移住地に関する情報をまとめています。

広告

スポンサードリンク

PR

このサイトをお気に入りに登録する♪ ⇒ 


アメリカのスーパーって…どんなかんじ?

アメリカのスーパーは面白いです

色々な物が売っています。 また、スーパー毎に会員カードを提供しています。勿論、カードを作るのは無料です。年会費もありません。このカードを持っている、持っていないとでは、同じ品物を買った場合の値段が違います。カードを持っていると必ず何かが割引だ ったり、またガソリンもカードを持っていると数円程ですが安く給油出来ます。ガソリンはそのお店と連携しているガソリンスタンドのガソリンが割引になります。とにかくスーパーのカードは作った方が良いです。

アメリカのスーパーは何故か寒いです。

アメリカ人は暑がりの人が多いから、それとも肥えた人が多いからでしょうか、とにかく涼しいと言うか寒いです。冬はそれなりに暖かいですけどね。また店内は大きなカートを押しながらお買い物をします。買うものはそのカートに入れます。勿論、日本のように小さなカゴも置いてありますが、少量のお買い物であればカゴで大丈夫ですが、アメリカ人は大量に買うので殆どの人がカートでお買い物をしています。このカートは、子供も乗れます。

また、子供が楽しくお買い物できる子供専用のカートもあります。車の形をしていたり飛行機だったり、アメリカらしい発想ですよね。 店内で使用したカートはそのまま買ったものを乗せて駐車場まで押していきます。車に荷物を乗せた後のカートは、駐車場に設置されているカート専用の置き場があるので、そこに置きますが、たまにその専用の駐車場がなくカートを店内まで戻さないといけない場合があります。中には、面倒くさい人がいてカートを駐車場の隅に置きっぱなしにしたりする人もいます。

さて、食べ物ですが、とにかく安いです

日本の食料の値段が本当に高いと思う位にアメリカは安いです。

フルーツや牛肉などは安いですが、野菜などは少し高いです、ですが日本と比べたら安いです。また、庶民的なスーパーの他にオーガニックを専門に扱うスーパーもあります。オーガニックだけあって値段は少々高いですですが、良い品が置いてあります。勿論、庶民的なスーパーにもオーガッニックエリアはありますが、それ程、量は多くありません。そして、アメリカのスーパーには大量に缶詰が多いです。フルーツや、野菜、そしてスープ、またパスタが入った缶詰もあります。やはり、これはアメリカ人の食生活を意味していますよね。勿論、冷凍食品も多いです。そして一番驚く事は、賞味期限が長いと言う事です。日本では牛乳や卵、豆腐などは賞味期限が短いですよね。

ですが、アメリカの牛乳は一ヶ月先なんて当たり前です。

これは、アメリカと言う国が大きい理由もあげられます。西から東に物を動かす、その為にはそれだけ賞味期限が長くないと駄目だと言う事です。また、スーパーが近くにあれば良いですが、車で片道1時間かかる場合もあります、これはかなり田舎に住んでいる場合ですけど、その際、賞味期限がすぐ切れてしまっては、こまめに買い出しにいかなければならなくなります。一度の買い出しで数個の牛乳は買いたいと思います。そういう事も含めて賞味期限が長いのです。日本の感覚だと賞味期限が長いのは食べても大丈夫だろうかと不安になると思いますが、特に問題はありません。但し、普通にスーパーで売っている卵はなるべく加熱してから食べるようにしましょう。日本人の好きな卵かけご飯はあまりアメリカで食べる事はお勧め致しません。食中毒になる場合があります。最近では生でも食べても大丈夫と言われている卵もスーパーなどで見かけます。

また、スーパーでは、食品の他に薬も売っています

風邪薬や湿布薬などです。

ですので、体調が悪い時など24時間営業しているスーパーに行けば簡単に薬が手に入ると言う訳です。勿論、薬以外にも洋服やおもちゃ、電化製品なども売っています。アメリカのスーパーは何でも揃うと思った方が良いかもしれませんね。そして、銀行のATMも設置されています。いつでも現金をおろす事が出来るのです。 さて、スーパーでお買い物をしたら支払いですが、買う品数が少なければ自分で品物をスキャンしてお会計を済ます事もできます。バーコードを読み取ってくれる物もあれば、品物の名前を入力しなければいけない場合もあり、慣れるまで時間がかかると思いますが、自分でスキャンをするレジは常に空いています。この他に店員さんがスキャンしてくれて支払う方法もあります。買った品物を袋にも詰めてくれますが、この時に「紙袋にしますか、それともビニール袋にしますか」と聞かれますのでどちらが良いか伝えましょう。

またアメリカも自分もレジ袋を持参する事も可能です。お店で販売されているレジ袋を使うのも良いですし。中にはレジ袋を持ってきたら数円お会計から引いてくれたりします。この制度は日本と同じです。また、買った品物を車まで運んでくれる場合もあります。もし運んでくれたなら、ちゃんとチップを払いましょう。

アメリカ暮らしについて

アメリカのお家事情

アメリカの台所は使いやすい?
日本のトイレはなんて清潔なの!と思う
お風呂に入る習慣がないアメリカでは…

生活に必要な知識

プーケットへの移住

プーケットでの生活

移住した後、現地で就職できるか?
女性が現地で妊娠・出産する場合
移住するために必要なビザについて

ドイツへの移住

ドイツでの生活

ドイツへ移住した後で、就職するには?
住まいを見つけるための住宅情報
ドイツの食べ物は日本人に合うか?