海外に移住をお考えの方、仕事の関係で移住になってしまった方のための、海外移住最良地ガイドです。

移住のポイントや人気の移住地に関する情報をまとめています。

広告

スポンサードリンク

PR

このサイトをお気に入りに登録する♪ ⇒ 


海外移住の最良地の選び方

海外に移住しようと考えている場合

どの国に移住するば良いのかわからないという方も多いかと思います。 そのような場合、次のようなポイントを踏まえた上で海外移住の最良地を選ぶようにしていきたいところです。 ここでは海外移住の最良地の選び方について紹介していきたいと思います。

長期滞在で実際に体験してみる

時間や費用などに余裕があるのであれば、候補としている国に実際に長期的に滞在してみるというのも非常に良い選択だといえるでしょう。 いきなり移住をして、いざ生活をし始めてみたところで生活や文化などになじむことができず結局日本に戻ってくるというパターンは案外少なくないものです。 そのような方にとても多く見られるのが、事前に下見などをするわけではなく、いきなり移住をしているという方たちです。

つまり、インターネットやテレビなどでの知識は持っているけれど、現地での実際の体験というものをしておらずそのギャップにがっかりしてしまう人が多いことも珍しくないということです。 このメディアからの情報と、現地で実際に肌で感じるものとのギャップを埋めるためには、やはり一度長期的に滞在してみることが大切です。 現地にて実際に生活を送るようになると、観光ではなかなか感じ取ることの出来ない部分まで見えてくるようになります。

例えば、観光などであれば1週間程度の滞在になるかと思いますが、この時は比較的高級なホテルに宿泊して、いわゆる旅行シーズンといわれる時期に出かけるわけですので、その国の良い面ばかりが目につくようになっています。 しかし、どれだけ快適な国だと思っていたところでも1年間を通して生活することによって様々なトラブルが起こることを身を持って感じることができるはずです。 例えば、台風や停電、スコールといったものなどが考えられます。

この長期滞在についてですが、ある程度の期間を事前に決めておいた方が無難に進めることができるといえるでしょう。 例えば、夏の蒸し暑い間だけ涼しい国で過ごすようにする、冬の寒い間だけ暖かい国でゆっくりと過ごすといったふうに期間を決めることによって比較的長期滞在をしやすくなるといえます。 もしも1年以上の滞在を考えているのであれば、あえて気候が安定しないような悪い時期にもその国の状態を見ておきたいところです。

生活のしやすさも確認しておきたいところ

十分な貯蓄があり、働くことなく生活ができるという方は

特に気にしなくても良いかもしれませんが、現地で就職して働くことを考えている場合は、日本人が働くことができる職場があるのかどうかというのもある程度チェックしておきたいところです。 その他にも、その国が持っている文化や習慣、治安、医療など確認しなくてはならない部分はたくさんあります。 これらはいずれも生活を送る上でとても重要となるポイントですので必ず確認しておきたい部分です。

インターネットやガイドブックなどである程度の情報を手に入れることができるとは思いますが、実際に自分の目で確かめておかなくてはわからない部分も少なからずあります。 例えば、現地の人たちの人間性であったり、町の雰囲気であったり、食事が口に合うかどうかといった面が考えられます。 また、日本語がどの程度通用するのかといったものも確認しておきましょう。 海外に移住すると考えている人であれば、ある程度その国の言葉を使うことができると考えられます。

しかし、ネイティブの人たちと確実にコミュニケーションを取れる程度の語学力がない場合は多少日本語が通用する国を選ばなくてはなりません。 最近では東南アジアなどは比較的日本語が通じやすくなっています。 これは、むこうの国の人たちも日本人の移住者を受け入れている証拠であり、それがビジネスの一つとして確立されていると考えることができます。 とはいえ、国民すべてが日本を理解することができるというわけではありませんし、思わぬところで言語の壁が出てくることだって考えられます。 そのような点をチェックするためにも、一度は必ず足を運んで自分自身で体験してみる必要があるでしょう。

ビザの取りやすさも考慮して

海外に移住するとなるとビザを取得しなくてはなりません。

ビザというのは入国審査証のことであり、正当な理由で入国することを証明するためのものです。 ビザにはいくつかの種類があって一般的なものとして「観光ビザ」「就労ビザ」「学生ビザ」などがあります。 国によってはさらに細かく分けられており種類や数などは一定ではありません。 中でも就労ビザというのは特に厳しい条件がつけられていることが多く、学歴や語学力など非常にシビアな面が目立つ国も少なくありません。

ですがもちろん、比較的取得しやすいビザを持っているにもたくさんあるので、これらの点も十分に考慮した上で移住先を考えるようにしたいところです。 特に東南アジア系の国々はビザに関しても非常にハードルが低く、多くの人が利用しやすい環境が整っているといえるでしょう。 ビザの取得というのは自分で申告のための書類などを用意することができるのですが、多少不備があっただけでも却下されてしまうことが多いため、自分自身ですべて行うよりもきちんと専門家に依頼をして作成していた方が無難だといえます。

アメリカ暮らしについて

アメリカのお家事情

アメリカの台所は使いやすい?
日本のトイレはなんて清潔なの!と思う
お風呂に入る習慣がないアメリカでは…

生活に必要な知識

プーケットへの移住

プーケットでの生活

移住した後、現地で就職できるか?
女性が現地で妊娠・出産する場合
移住するために必要なビザについて

ドイツへの移住

ドイツでの生活

ドイツへ移住した後で、就職するには?
住まいを見つけるための住宅情報
ドイツの食べ物は日本人に合うか?