海外に移住をお考えの方、仕事の関係で移住になってしまった方のための、海外移住最良地ガイドです。

移住のポイントや人気の移住地に関する情報をまとめています。

広告

スポンサードリンク

PR

このサイトをお気に入りに登録する♪ ⇒ 


感謝祭とクリマスマス

日本でも色々な行事毎があるように

海外にもその国ならではの行事毎があります。 アメリカでは11月第4週目の木曜日、カナダでは、10月の第2月曜日に行う「感謝祭(サンクスギビング)」というイベントがあります。感謝祭は、食べ物を与えてくれた神様に感謝する日です。アメリカらしい行事毎ですよね。またこの感謝祭では、家族や親しい友人と一緒に七面鳥や、マッシュポテト、ビーンズなど、またデザートにはパイを食べます。親元を離れていた子供達もこの日は実家に戻ったりします。

日本で言うとお盆や、お正月と言った感じでしょうか。七面鳥はそれぞれのお家で焼いたり揚げたりしますが、基本的には親から教わった作り方で作ります。また、この七面鳥を料理するのは、一家の大黒柱、男性が行う場合もあります。特に、丸ごと七面鳥を揚げる場合は男性でないと危ない場合もあるのと、七面鳥丸ごと6、7キロあり、とにかく重くて大きいです。

また、アメリカのオーブンは大きいです

この七面鳥が丸ごと入るだけのスペースが必要になりますからね。この感謝祭が近づくと食品スーパーなどでは、大きな七面鳥が売られます。感謝祭でなくても普通に一年を通して七面鳥は売っていますが、この時期は、大量に売られます。七面鳥はスーパーで冷凍されて売られています。感謝祭の数日前から解凍をしなければ当日間に合いません。また、感謝祭が近づくと料理番組は殆どこの感謝祭に向けた番組を放送します。どうやって七面鳥を料理するとかパンプキンパイの作り方などです。

ですが、中には七面鳥の臭いが苦手の人もいますが、揚げたりするとある程度臭いは治まります。そして皆で食事をしながら「何に感謝をしますか」など語り合います。また、家族がいない独身の人は、お友達のお家に呼ばれる事が多いですが、その時は、何か料理を持参します。作ったものでもいいですし、買ったものでもいいです。この日は手ぶらで行くのは良くありません。

この感謝祭が終わるといよいよクリスマス

その前に最大のイベントがあります

それは、感謝祭の翌日、この日は「ブラックフライデー」と呼ばれ、小売店など盛大にセールを行います。本当に品物が安くなります。ですので、アメリカ人の殆どの人は、早朝から、または数日前からお店の前で並ぶのです。日本人は、並ぶのが好きですが、この日ばかりはアメリカ人も長打の列に並びます。最大のセールはこの感謝祭の翌日の日ですが、その週末もセールは続きます。

ブラックフライデーが終わると、街やお店はクリスマス一色になります。クリスマスと言えば、クリスマスツリーですよね。アメリカでは、既に大型スーパー、大型ホームセンターなどで、売られている本物のクリスマスツリーを買ったり、又は、自分達でクリスマスツリーを切りに行きます。アメリカは本物のクリスマスツリーを家の中に飾るのです。本格的ですよね。勿論、本物ではないクリスマスツリーも売っています。

本物のクリスマスツリーは

しばらくの間は生きているので、お水をあげなくては枯れてしまいます。手間が少しかかりますが、やはり家の中に本物のクリスマスツリーがあると、雰囲気もガラリと変わります。何より木のいい匂いもします。そして、家族や友人達からの頂いたプレゼントはクリスマスツリーの下に置きます。勿論、頂いてもすぐには開けません。クリスマスイブ、又はクリスマスの朝まで開けてはならないのです。勿論、クリスマスイブにプレゼントを開けるお家とクリスマスの早朝プレゼントを開けるお家があります。各家によって違います。そしてプレゼントを開ける時は、綺麗に包装紙を破る事などはしません。ビリビリと思いっきり破いて開けるのです。これは大人も子供も同じです。

日本では恋人と過ごしたりしますが

アメリカではやはり感謝祭同様、家族で過ごす事が多いです。また、プレゼントの値段も数十ドルです。日本はプレゼントの金額が凄いですが、アメリカではお手頃価格のプレゼントを渡します。元々、高価な物をプレゼントをする習慣がありません。またストッキングは暖炉の上の棚に飾ったり、各家決まった場所に飾ります。クリスマスイブ、クリスマスは教会に行きます。アメリカ人の殆どの人がキリスト教の為、キリストの誕生日ですからね、教会に行ってお祈りをするのです。日本はお正月にお寺に行くのと同じ事ですよね。

クリスマスケーキを食べる習慣

実はアメリカにはありません。

これは日本の製菓会社が考えた事です。 ですので、アメリカ人に「クリスマスケーキは食べないの」と聞いても「何ですかそれは」と反対に聞き返されてしまいますので、質問するのはやめましょう。 さて、クリスマスが終わったら年末ですが、日本ではお正月に向けて大掃除や色々な準備に入りますが、アメリカでは、大晦日は盛大に盛り上がりますがそれ以外はいつもと変わらないです。

クリスマスツリーもクリスマスが終わったからと言ってすぐ片付ける事はせず、年が開けて数日経ってから片付けます。 日本のような大掃除という習慣は、外国にはあまりないようですね。このように、海外には当たり前ですが、日本とは違った風習がたくさんあります。日本では当然だと思っていることも、海外では理解してもらえないことが多いですから、海外へ行くときは、事前に習慣やマナーについて学んでおくべきだと思います。

アメリカ暮らしについて

アメリカのお家事情

アメリカの台所は使いやすい?
日本のトイレはなんて清潔なの!と思う
お風呂に入る習慣がないアメリカでは…

生活に必要な知識

プーケットへの移住

プーケットでの生活

移住した後、現地で就職できるか?
女性が現地で妊娠・出産する場合
移住するために必要なビザについて

ドイツへの移住

ドイツでの生活

ドイツへ移住した後で、就職するには?
住まいを見つけるための住宅情報
ドイツの食べ物は日本人に合うか?