海外に移住をお考えの方、仕事の関係で移住になってしまった方のための、海外移住最良地ガイドです。

移住のポイントや人気の移住地に関する情報をまとめています。

広告

スポンサードリンク

PR

このサイトをお気に入りに登録する♪ ⇒ 


海外での妊娠・出産はどうすればよい?

女性なら海外に住んだのち、妊娠、出産をする事もあります

アメリカでの妊娠、出産はどんな感じなのでしょうか。 まず、妊娠したかな?と思ったら、薬局又はスーパーで妊娠検査薬を購入して自分自身で調べます。陽性が出た場合、かかりつけの病院、お医者さんに連絡をしましょう。勿論、アメリカの保険に加入済みと言うのが前提です。保険に加入していないと莫大な医療費を払う事になりますので、アメリカに住むなら保険に必ず加入しましょう。病院の予約が取れたら予約の日まで安静にしましょう。

妊娠初期は、とにかく気分が優れない事ばかりです

まして、異国の地での妊娠、色々不安も多いでしょう。そして何より主要都市であれば交通機関もそれなりに発達しているので、調子が悪い時などは自分で車の運転をしなくても大丈夫ですが、田舎になるとやはり自分で運転して病院まで行かなければならない場合もあります。

病院での妊娠検査は、妊娠6~8週目に確認

妊娠が確認出来たら、次の予約をして帰宅をしますが

この時期(妊娠初期)は日本同様、一ヶ月に一回の検診になります。そしてアメリカでは妊娠を希望する女性、妊娠中の女性、また産後授乳をしている女性には「葉酸」のサプリメントを摂取するようにお医者さんから言われます。日本でも葉酸は摂取するように進められますが、とにかくアメリカのサプリメントは大きいです。慣れるまで飲みづらいですが頑張って飲みましょう。

さて初診ですが、問診表の記入、また最後の月経の確認、尿検査、血液検査、体重、身長、そして血圧を計ります。そして診察室ですがとても殺風景です。ピンクを基調とした診察室とかでもなく、診察台と机が置いてあるだけです。また日本ではお医者さんが内診する時にカーテンを閉めてくれますが、アメリカにはこのカーテンがありません。しかし、タオルを被せてくれるので内診の時は安心です。

妊娠20週目には超音波にて赤ちゃんの状態を確認

日本では、検診毎に超音波で赤ちゃんの状態、そしてお腹の赤ちゃんの写真をくれますがアメリカでは超音波はせいぜい1?2回です。勿論、高齢出産だったり、また以前、何回か流産した事がある場合は超音波の回数も多くなりますが。また羊水検査も希望者には行ってくれます。そして、妊娠中に、病院が主催するクラスにも参加する事が出来ます。クラスとは、妊娠とは?出産とは?などを他の妊娠している女性と一緒に勉強するというもの。

また、病院内の見学ツアーもあるので、初めてアメリカで出産する人には、クラスは良い勉強になると思います。さて、妊娠初期から中期、後期まで検診を受ける上で、アメリカではとにかく「お水を沢山飲む事、そして適度な運動をしましょう」と言われます。体重管理については何一つ言われません。例えば体重が減った場合は逆に心配され注意されます。ですが体重が増える分には何も言われません。日本では妊娠したら8キロ?10キロ増加するのが望ましいと言われおり、少しでも基準より増えていたらお医者さんに怒られる事が多いですよね。

アメリカでは20キロ増えた女性が沢山います

元々、大きい女性も多いですし、食べ物も高カロリーなものが多いせいもありますが、アメリカでは体重管理は気にする事なく妊娠生活を送れますが、だからと言って暴飲暴食は駄目です。やはり適度な運動に日本人が好きな和食を食べるのが良いのではないでしょうか。

「バースプラン」をお医者さんに提出する

これは、どんな出産を希望するか要望が出来るのです

例えば「へその緒は主人が切ります」「自然分娩希望」などです。勿論、あくまでもプランなので当日その通りにいかない場合もあります。ですが、お医者さんと事前に自分の出産に対する考えを伝え話し合う事が出来るという利点があります。

アメリカも「帝王切開」「計画出産」

そして「陣痛や破水が起こってからの普通出産」があります。これらの出産全てに言える事は、出産した後、病院に数日しか滞在出来ないという事です。帝王切開では、大体3、4日後に退院、計画出産と普通の出産については大体1、2日後に退院です。とても短い入院になっていますが、これは保険が産後の入院費をカバーしてくれるのが数日だけと言うのが理由です。日本のように一週間、美味しい食事をしながら看護婦さんが至れり尽くせり世話をしてくれる訳ではありません。

また、アメリカの出産の殆どが無痛分娩となっています。

数日で退院する為、回復力が早い無痛分娩で出産する事で母体を疲れさせない為です。そして出産直後の食事は、病院が用意したメニューの中から選ぶ事が出来ますが、ピザやパスタ、ステーキなどもあります。アメリカらしい食事ですよね。そして、母乳マッサージなどの指導はありません。ですが、中には後日退院してから母乳の出具合や母乳の仕方などを教えてくれる場合もあります。

アメリカでの妊娠、出産はとても不安も多いと思います。例えば英語がそんなに上手じゃない場合など、ですが、不安を抱えてしまっていたらお腹の赤ちゃんにもストレスがたまってしまいます。ゆったりとした気持ちで、何より体重管理を気にしなくても良いという利点があり、母体に負担をかけない無痛分娩もとても楽です。

アメリカ暮らしについて

アメリカのお家事情

アメリカの台所は使いやすい?
日本のトイレはなんて清潔なの!と思う
お風呂に入る習慣がないアメリカでは…

生活に必要な知識

プーケットへの移住

プーケットでの生活

移住した後、現地で就職できるか?
女性が現地で妊娠・出産する場合
移住するために必要なビザについて

ドイツへの移住

ドイツでの生活

ドイツへ移住した後で、就職するには?
住まいを見つけるための住宅情報
ドイツの食べ物は日本人に合うか?