海外に移住をお考えの方、仕事の関係で移住になってしまった方のための、海外移住最良地ガイドです。

移住のポイントや人気の移住地に関する情報をまとめています。

広告

スポンサードリンク

PR

このサイトをお気に入りに登録する♪ ⇒ 


アメリカの歯の美意識

アメリカの歯の制度は日本と大違いです

日本は歯が痛くなったら、近所の歯医者さんに行ってその日のうちに治療してもらえます。ですが、アメリカの歯医者はちょっと使い勝手が違うのです。

まず、歯の保険に入らなければなりません。

保険会社にもよりますが、月に何十ドルの保険料を払います。この月に払う保険料の金額によって、保険会社が負担してくれる内容も違ってきます。月安い値段しか保険料を払っていなければ、保険会社がカバーしてくれる金額も少なく、月に多い金額の保険料を払っていれば、それだけカバーしてくれる金額も多いのです。そして、その月に歯医者に行っても行かなくても、月に決まった保険料を払います。当たり前ですよね、保険ですから。

そして歯が痛くなったら、まず歯医者に予約をします。勿論、アメリカでも、救急で処置してくれる歯医者もありますが、救急で歯医者に行った場合、治療費が高くなります。ですので、歯の痛みを我慢出来るなら予約をしてから歯医者に行きましょう。そして最初にレントゲンを取ります。その後、先生から歯の痛みの原因について説明、そして処置の説明、そして金額の説明があります。

アメリカは、虫歯があったからといって、 先生が勝手に患者さんに処置や金額の説明をしないまま処置をしたりしません。ちゃんと、患者さんに処置の方法、値段を説明します。患者さんが納得したら処置をするのです。患者さんが納得してない上で治療をしてしまったら、後で問題になる可能性があるからです。アメリカは訴訟の国と言ってもいい位、些細な事で訴えられたりします。ですので、歯科医も患者さんが納得した上で治療をします。

さて、アメリカの歯医者の技術は本当に進んでいます

ユニットベットに横になったまま

歯の一部のレントゲン写真を撮影出来たり、撮影した写真はすぐさま、横に設置してあるパソコンに取り込まれ患者自身も一緒に見る事が出来たり、また歯全体のレントゲン写真も、最先端のレントゲンにて撮る事ができ、これもすぐさまパソコンに取り込まれます。そして治療ですが、虫歯治療などは、基本的に部分麻酔をします。

日本でも最近では虫歯治療する時に部分麻酔をする歯医者も増えていますが、アメリカでは殆ど部分麻酔をかけて治療します。そして親知らずの抜歯をする際は、全身麻酔をかける歯医者もあります。歯を抜くだけなのに、全身麻酔と思う方も多いですが、この方が楽なのです。患者さんも全身麻酔で記憶もないですし、何より抜く歯医者も楽ですよね。患者さんは、麻酔で寝ているのですから。そして親知らずが4本残っている場合は、一気に4本抜きます。日本じゃ考えられないですよね。

日本は、部分麻酔で多くても2本親知らずを抜いてから

日を改めて次の親知らずを抜くという方法をとりますが、アメリカでは全身麻酔で一気に抜きます。全身麻酔な為、麻酔から目が覚めた後は、口の感覚はなく、ちょっとめまいもしますが、その日のうちに帰宅します。ですが一気に抜歯する事で、その後、通院しなくてもいいメリットはあります。

そして、虫歯の治療ですが、日本の歯医者は治療中、ユニットベットの横に口を濯ぐ機械が付いていますが、アメリカは濯ぐ機械は付いていません。口の中に溜まったお水や、歯の削りカスなどは、歯科衛生士さんや歯科助手の人が、専用のバキュームで取ってはくれます。取ってくれるまで我慢をします。慣れるまで本当に辛いです。

アメリカは歯の保険に入っていれば…

保険内容にもよりますが年に1~2回歯の検診が可能。

この検診で虫歯の早期発見を見つけるのです。また、歯石を除去したり歯のクリーニングもこの時に行います。日本は、歯が痛くなったら歯医者に行きますが、アメリカは歯が痛くなる前に歯医者に行って予防をするのです。例え、歯の保険に入っていても、治療費が高いからです。本当に高いです。

歯の保険は、保険会社から年間これだけ治療費として使えますよと言われます。例えば保険会社から年間10万円は歯の治療費を出してくれると言われた場合、それ以上治療費が、かかった場合は残りの治療費は自分で出さなければなりません。例えば、上の歯が虫歯で、更に神経にまで虫歯が進行していた場合、根幹治療を行いますが、最終的にセラミックの歯を被せます。ですが、この治療だけで、歯の保険の年間10万円+残りは自費を使ってしまう事が多いのです。その後、虫歯があっても既に保険会社の治療費は使ってしまったので、翌年まで、治療は待たなければなりません。他の歯が痛くて来年まで我慢できない場合は自費で治療するしかありません。

アメリカの歯の治療は、本当に高くて驚きです。

アメリカ在住の日本人の中には、里帰りした時に歯の治療を日本で行ったりする人もいます。また渡米する前には必ず日本の歯医者でしっかり虫歯などを治療してから、渡米する事を進めます。また、アメリカの歯医者は、審美歯科にも力を入れています。ハリウッドスターなどの歯を見れば分かりますが、とにかく白くて歯並びも綺麗ですよね。アメリカでは、歯が汚かったり歯並びが悪い事は、その人のマイナスイメージに繋がるのです。ですので、アメリカでは小さい頃から歯に対する意識が強いのです。歯並びが悪ければ矯正をし、歯の色が汚ければホワイトニングをしたり、とにかく歯に対して美意識を持っている国なのです。ですが、治療費は高いです。

アメリカ暮らしについて

アメリカのお家事情

アメリカの台所は使いやすい?
日本のトイレはなんて清潔なの!と思う
お風呂に入る習慣がないアメリカでは…

生活に必要な知識

プーケットへの移住

プーケットでの生活

移住した後、現地で就職できるか?
女性が現地で妊娠・出産する場合
移住するために必要なビザについて

ドイツへの移住

ドイツでの生活

ドイツへ移住した後で、就職するには?
住まいを見つけるための住宅情報
ドイツの食べ物は日本人に合うか?