海外に移住をお考えの方、仕事の関係で移住になってしまった方のための、海外移住最良地ガイドです。

移住のポイントや人気の移住地に関する情報をまとめています。

広告

スポンサードリンク

PR

このサイトをお気に入りに登録する♪ ⇒ 


アメリカのお風呂事情

日本人と言えば、昔からお風呂が好きな人が多いと思います

お風呂に入れば 疲れがとれたり、女性は半身欲をすればダイエット効果もあったりと、日本人にとってお風呂はかかせませんよね。最近の若い人達はシャワーだけですます人も多いですけど。でも、友達と旅行に出かけたりすれば大きな浴場のお風呂に入ったりと、とにかく日本人はお風呂が大好き。ですが、海外に出るとお風呂事情も変わってきます。

アメリカのお風呂は

日本みたく浴槽があって洗い場があるわけではありません。 あるのは、浴槽とトイレが同じ部屋にあるのです。またアメリカ人は湯船に浸かるという習慣が殆どありません。シャワーばかりです。シャワーだけで疲れが取れるのか疑問ですが、元々湯船に入る習慣がないので、お風呂に入って疲れをとると言う感覚は日本人だけなのかもしれませんね。

ですが、異国の地にいてもやはり、日本人は湯船に浸かりたいですよね。アメリカでは小さい子供は湯船にお湯を溜めてその中で体を洗います。勿論、出る時も日本で言う上がり湯などなく、湯船の中で遊びながら、体を洗って少し湯船に温まってそれから出ます。

勿論、兄弟や姉妹がいれば一緒に入る事もあります

但しこれは、本当に幼少期の時だけです。

また、アメリカの浴槽は、浅くて長いです。大人の人が入ると、肩まで浸かる事が出来ません。足を思いっきり伸ばす事は出来ますが、お腹から上は湯船に浸かる事は出来ません。冬などは浴室が温まっていないと、とても寒いです。勿論、体を曲げて入れば何とか肩まで入れますが、そうすると今度は膝が出てしまいます。とにかく窮屈な浴槽です。そして、湯沸かし器が付いてないので、途中で入っていて寒くなってもお湯をわかす事が出来ません。とても不便です。

また、最初に湯船に入って温まった後、浴槽の中で体を洗う事も可能ですが、ちょっと微妙ですよね。何度かその入り方をすれば慣れるかもしれませんが。

窮屈なアメリカのお風呂

一体どうやって入れば良いのかと言うと、 最初にお湯を張ってまずは温まります。温まったら、お湯を捨てて、その後、シャワーをしましょう。最初しか湯船に浸かる事が出来ませんが、湯船の中で体を洗って、また温まって上がり湯をかけずに上がるという行為でも大丈夫であれば問題はないですが。

アメリカのお風呂で気をつけること

その家のお湯のタンクはどれ位なのかと言う事です。

既に、浴槽に沢山のお湯を使いましたよね、設置されているタンクのお湯は使い切ってしまった可能性があると言う事です。ですので、温まった後のシャワーはもしかしたら、水かもしれません。アメリカは、お湯のタンクというものがお家毎、アパート毎に設定されています。そのタンクのお湯を全て使ってしまったら、少し時間を置かないとお湯が出てきません。折角、湯船に温まったのに、その後のシャワーは水では風邪を引いてしまいますよね。ですので、この方法でお風呂に入る場合は、設置されているお湯のタンクの量を事前に確認する必要があります。

また、湯船に浸からず湯船でシャワーをする場合

シャワーの水が外に漏れないように防ぐ専用のシャワーカーテンがあります。殆どが二枚重ねになっています。一枚は、バスタブの内側に、もう一枚はバスタブの外側に置きます。内側に置くシャワーカーテンは防水機能がついていますが、外側のシャワーカーテンは、防水機能が付いていません。誤って外側のシャワーカーテンを内側に一緒に置いてしまうと、シャワーした時に濡れてしまい防水機能が付いてないので、カビ臭くなります。そして、日本のような入浴剤は売っていません。主要都市などでは、アジアンマーケットがあるので日本の入浴剤などは高額ですが手に入りますけど。

ですが、アメリカにも入浴剤はあります。まずは、バブルバス、これは、浴槽にお湯を溜める時に一緒に入れて泡だらけになる入浴剤です。よく映画のワンシーンなどに出てくる感じのやつです。そして、バスソルトなどがありますが、ですが、日本人にとっては、日本の入浴剤で入る方がリラックスできるかもしれませんね。

ヨーロッパのお風呂事情は?

ヨーロッパの人達も、あまり湯船に浸かる人は少なく、殆どの人がシャワーだけで済ませてしまいます。またお隣の国、中国も湯船に入る習慣がなく、シャワーだけで済ます事が多いです。やはり日本人だけですね、湯船に浸かるのは。 日本の各地にも温泉が沢山あるように、実はアメリカにも温泉地があります。アメリカの温泉は、山の中に湧いていたりするので、脱衣所がなかったりと色々不便です。またそこまでに行くにも一苦労です。多くのアメリカ人は、ハイキングがてら温泉に入ったりする人も多いです。また、アメリカの温泉は、水着を着て入ります。

裸で入る人は殆どいません。そして殆どの温泉が混浴です。また、温泉以外にも温泉プールと言うものもあります。大自然の中にある温泉プールもありますが、この温泉プールの温度は少々低めです。小さい子供からも入れるようになっています。 日本を離れると本当にお風呂は恋しくなります。ですが、ちょっと入り方を工夫したり、その土地の温泉地などに行ったりすれば、何とかお風呂に入れます。

アメリカ暮らしについて

アメリカのお家事情

アメリカの台所は使いやすい?
日本のトイレはなんて清潔なの!と思う
お風呂に入る習慣がないアメリカでは…

生活に必要な知識

プーケットへの移住

プーケットでの生活

移住した後、現地で就職できるか?
女性が現地で妊娠・出産する場合
移住するために必要なビザについて

ドイツへの移住

ドイツでの生活

ドイツへ移住した後で、就職するには?
住まいを見つけるための住宅情報
ドイツの食べ物は日本人に合うか?