海外に移住をお考えの方、仕事の関係で移住になってしまった方のための、海外移住最良地ガイドです。

移住のポイントや人気の移住地に関する情報をまとめています。

広告

スポンサードリンク

PR

このサイトをお気に入りに登録する♪ ⇒ 


アメリカの台所(キッチン)

アメリカの台所は広くて綺麗です

ガスコンロも4個あったり、オーブンも七面鳥が丸ごと入るだけはあってとても大きいです。アメリカのコンロは電気だったり、ガスだったり、最近ではIHもあります。多くは電気型のコンロが多く、火加減がどの位なのか最初は慣れるまで時間がかかります。また、うっかり付けっぱなしと言う事もあるので、気をつけましょう。ガスコンロの上に換気扇がついておりその上に電子レンジが付いているのが一般的です。

実はこの換気扇、あまり役に立ちません。日本の台所に付いている換気扇は、煙を吸ってその煙を外に出しますがアメリカの換気扇は殆ど、フィルターを通してまた室内にその空気を戻しているのです。だから日本人の大好きなお魚を焼いた日には大変です。

家の中、煙だらけでしかも匂いも充満します。

また、日本のガスコンロに付いている魚焼き機は付いていません。日本から魚焼き機を持参するか、外でバーベキューグリルで焼くかになります。そもそもアメリカの食文化に魚を焼いて食べるという習慣がありません。魚はオーブンで焼くかフライパンでソテーにして食べているのです。また揚げ物をした場合も部屋中に匂いが充満します。

そして揚げ物を作った時に使用した油の残り、日本ではこの油を固めてから捨てますがアメリカにはそんな優れたものはありません。中にはそのまま油を排水溝に捨てる人もいますが、これをしてしまうと排水溝が詰まってしまいます。使用済みの油はビニール袋に入れるか新聞紙などで吸い取ってゴミ箱に捨てます。

アメリカの流し台は基本的にダブルシンク

二つあるうちに一つには

生ゴミを細かく砕いてくれる機能が付いています。生ゴミ処理と言えば良いでしょう。アメリカ人の多くは人参などの皮を剥く時、流し台の中で行います。まな板を使う場合もありますが、殆ど流し台で皮をむいたりします。この時出る人参の皮、ある程度大きであれば手で取ってゴミ箱に入れますが、細かい皮などはそのまま水を流して流しに捨てる場合が多いです。

その時に水を流しながら野菜などを細かく砕いてくれる機械のスイッチを入れます。勿論、スイッチを入れたら指などは入れないで下さい。指を切ってしまいます。このスイッチを入れる時は必ずお水も一緒に流すと言う事、スイッチを止めた後も数秒はお水を流し続けます。また、固い物は、流さないと言う事です。例えば梅干しや、魚の骨、鶏肉の骨などは細かく砕いてはくれません。アメリカの流し台は二つあるといいましたが、流し台が二つあるのは便利と言えば便利ですが、ちょっと深く狭いのが難点です。

流し台の近くにあるのが食器洗い機です

アメリカの殆どの家庭に置いてあります。食器洗い機専用の洗剤も売っていますが、それと同時にリンスも売っています。このリンスも入れないとガラスの表面に被膜がついてしまいます。リンスは数日に一度食器洗い機に入れれば大丈夫です。また、食器洗い機に食器を入れる前に、ある程度食器についた汚れを落とさないといけません。これをせずに食べたらそのまま食器洗い機に入れて洗っても、汚れが落ちてない場合があります。

また、ご飯粒や食べカスが残ったまま食器洗い機に入れてしまうと、それらのゴミも一緒に食器洗い機の中で回ります。 食器洗い機に入れる前に食器をある程度洗わなければいけない難点はありますが、家族が多かったり、共働きだったりすると夜食器洗い機のスイッチを入れておけば朝には食器は洗われており、忙しいアメリカ人には良い機械なのです。また月一回は食器洗い機の掃除をします。これはスーパーなどに食器洗い機用の洗剤があるので、それを入れて洗います。この時は食器はいれません。

アメリカの冷蔵庫もとにかく大きい

そして2ドアが主流です。

ただ大きいだけで、スリムではありません。日本の冷蔵庫のようにスリムでかつ機能的ではありません。アメリカの冷蔵庫はチルド質もありません。しいてアメリカの冷蔵庫で優れている点は、冷蔵庫を開けなくても冷凍庫側のドアから氷とお水が出てくるという点です。

そのかわり冷蔵庫が大きい為、沢山の量が入ります。中には、冷蔵庫の他に冷凍庫だけを持っている家庭もあります。この冷凍庫、地下室に置いたり庭に置いたりします。また、冷凍庫の使い道は買いだめした食べ物を入れておきます。最近では、アメリカの冷蔵庫も少しずつではありますが、デザインも変わってきています。

ですが、まだまだ日本のような優れた冷蔵庫が発売される事は当分先の事になりそうです。 そしてアメリカの分別ゴミですが、基本的に分別している州としていない州があります。分別している州などでは、一般ゴミ、リサイクル、落ち葉などの3点です。日本のようにゴミを出す人が細かく分別するのではなく、アメリカではゴミを出した後、仕事でゴミを分別する人がいるのです。生活する上で気にせずゴミを出せる事は楽ですけどね。

アメリカ暮らしについて

アメリカのお家事情

アメリカの台所は使いやすい?
日本のトイレはなんて清潔なの!と思う
お風呂に入る習慣がないアメリカでは…

生活に必要な知識

プーケットへの移住

プーケットでの生活

移住した後、現地で就職できるか?
女性が現地で妊娠・出産する場合
移住するために必要なビザについて

ドイツへの移住

ドイツでの生活

ドイツへ移住した後で、就職するには?
住まいを見つけるための住宅情報
ドイツの食べ物は日本人に合うか?