海外に移住をお考えの方、仕事の関係で移住になってしまった方のための、海外移住最良地ガイドです。

移住のポイントや人気の移住地に関する情報をまとめています。

広告

スポンサードリンク

PR

このサイトをお気に入りに登録する♪ ⇒ 


アメリカの病院

日本で風邪を引いたら

近くのお医者さんにすぐ行って診察をしてもらい、 お薬を処方してもらいますよね。また、国内旅行に出かけた際に体調が悪くなっても近くの病院に行けますよね。そう日本はいつでもどこでも保険証があれば病院に行けるのです。勿論、保険証がなくても病院には行けますよね。

但し、治療費は自費になってしまいますが、自費でもそれほど高いわけではありません、勿論、治療の内容にもよりますけどね。ですが、アメリカの病院は、本当に急患ではない限りいきなり病院に行く事は出来ません。勿論、事前に予約なしで病院に行っても診察してもらえますが、とても待たされます。既に予約の患者さんがいる訳ですから、下手したらその日に診察されない事もあります。アメリカの病院は事前に予約が必要なのです。

また日本では風邪を引いたら病院に行きますが、アメリカでは、風邪位では病院に行きません。風邪を引いたら近くの薬局に行って風邪薬を自分で買うのです。

お医者さんや薬剤師からの処方箋はありません

日本でもそうですが、アメリカでも普通に薬局やスーパーで風邪薬が売っています。ですが、やはり病院で処方された抗生物質が入った風邪薬を飲む方が効きめも早く、治りも早いですよね。ですが、アメリカで「風邪をひいたので病院に行く」と言うとアメリカ人に変な顔をされます。元々、風邪をひいた位で病院に行く習慣がないのですから。

さて、病院の予約ですが、基本的に電話で予約をします。ですが、すぐ予約がとれればラッキーです。歯の検診の予約は意外とすんなりとれますが、そうでない身体の方は、すぐ予約が取れません。足が痛くても、2週間後に予約とかいう場合もあります。予約をする際には、すぐみてもらいたいという事を強く伝える事です。ただの健康診断とかなら、一ヶ月後でも問題ないとは思います。

さて、病院に着いたらまず書類にサインをします

日本でもあると思いますが問診票みたいな感じです。

薬や食べ物のアレルギーはあるのか、今までにかかった病気や手術をした事がるのか、また、家族についての病気も聞かれる事もあります。これは遺伝による病気があるかどうかの確認です。そしてタバコを吸っているのか、お酒はなどの生活習慣についての質問もあります。勿論、英語ですが、医療の英語は少し難しい場合がありますよね。分からない場合は、記入はせず、先生に会った時に質問すれば良いと思います。

問診票を書いたら、次は先生とご対面です。この時に体の不調がある場合はしっかり伝えましょう。 検査などもその日のうちにしてくれる場合があります。また、診断結果は後日、電話で教えてくれます。

さて、アメリカではホームドクターがいます

これはその人自身の担当医というわけです。

例えば、皮膚のアレルギーが発症した場合、自分から皮膚科に行く事は出来ません。まずホームドクターに連絡をするのです。そしてホームドクターが、皮膚科の先生への紹介状を書いてくれて、そして初めて皮膚科に行けるのです。なんだかメンドクサイですよね。ですが、アメリカではこの方法が主な流れになっています。専門的な事はそれぞれの専門医の所に行く、だけどその前にホームドクターに聞かなければいけないのです。このホームドクター選びはとても大事です。なんせホームドクターとの相性もありますからね。

そして一番大事なのは、保険に入ると言う事です。

アメリカの医療費は本当にバカ高いです。アメリカの医療は進んでいますが、医療費を見て本当に驚きます。いかに日本の保険制度が素晴らしいかよくわかります。アメリカの保険は民間の保険に入ります。勿論、保険に入っていない人は、病院に行く事が出来ません。アメリカの病院、自費で行ったら大変な事になります。アメリカの医療保険は民間なので、保険の値段も保険内容もバラバラです。

病院に行ってかかった治療費の何パーセントは自己負担で、残りは保険会社が負担となる場合が多いですが、これも毎月保険会社に払う金額によって変わります。歯の保険と同じ仕組みになりますね。 また、アメリカで入院した場合、日本では数日間滞在出来ますが、アメリカでは即退院です。

例えば、出産した場合、翌日又は翌々日には退院します。殆どの保険会社が2、3日しか入院費をカバーできないからです。日本は出産したら一週間は病院にいれますが、アメリカは即退院です。そんなに早く退院して母体は大丈夫なのと思いますが、アメリカの出産は、殆どの人が無痛分娩で出産します。ですので、出産した数時間後にはお母さんは元気に歩いているのです。

そして夜間など緊急で病院に行かなければいけない場合

例えば、救急車を呼ぶ時、気をつけなければいけないのは、アメリカで救急車を呼ぶとお金がかかると言う事です。勿論、保険内容にもよりますけどね。でも日本では救急車を呼んでも無料ですよね。また、救急車に乗らずに病院に行ったとしても、病院の判断で、重症か軽症か判断されます。軽症の場合は、緊急で行った場合でも、数時間、下手したら翌日まで待たされる事があります。救急で行ったのに待たされるのがアメリカなのです。 海外に長期住むのであれば、ちゃんと保険に入りましょう。いつどこで病気や怪我になるか分かりませんから。

アメリカ暮らしについて

アメリカのお家事情

アメリカの台所は使いやすい?
日本のトイレはなんて清潔なの!と思う
お風呂に入る習慣がないアメリカでは…

生活に必要な知識

プーケットへの移住

プーケットでの生活

移住した後、現地で就職できるか?
女性が現地で妊娠・出産する場合
移住するために必要なビザについて

ドイツへの移住

ドイツでの生活

ドイツへ移住した後で、就職するには?
住まいを見つけるための住宅情報
ドイツの食べ物は日本人に合うか?